FF14 第2弾「極エメラルドウェポン破壊作戦」散会マクロ

極零式レイド

パッチ5.4

野良で大きく異なるのは「爆雷生成」の処理で、「2/2/2/2」のペアで処理する方法と「4/4」で二手に分かれて処理する方法です。

2種類の処理方法を試してみましたが「4/4」で分かれて処理する方法は、回復が間に合わず事故が多いイメージです。ですのでマクロは、「2/2/2/2」です。また「4/4」のメリットもあり、同様に玉の配列を見る必要はあるが「時計回り」処理なので進行方向を判断する必要はない。

主流に合わせマクロを更新したいと思います。

 

散会マクロ

/p ■爆雷ペア(2/2/2/2)散開■
/p     MT/D3
/p H1/D1 ★  H2/D2
/p     ST/D4
/p 北玉 黄:時計回り 青:反時計回り
/p ■マグネットフレア■
/p   〇–〇
/p MT   ST
/p ■ディヴィデ散開■
/p    T頭割
/p H1  ★  H2
/p   D1 D3 D4 D2

 

マーカー位置

.   北
.   A
.
.D     B
.
.   C

 

後半用マーカー

このマーカーは「矢印」を捨てる目安マーカーです。

マーカーは、四隅から間隔をあけて設置。

.空       A1空
.4
.G
.
.     ★
.
.          2
.          B
.空C3         空

 

配置例

 

 

爆雷生成 処理

どちらの方法にせよ、玉処理後にちょっとだけ半壊していても蘇生できれば立て直せると思います。

 

「2/2/2/2」処理

「爆雷生成」の詠唱後に外周に線に結ばれた玉が8個出現するので、頭割(2人)の要領で連続して玉にあたり処理します。ダメージはとても痛いので、バリアなど軽減となるアビリティを事前に施しておきましょう。

 

処理の方法は、玉出現後、A(北)の玉の色を見て判断します。

北の玉が「黄色」なら、時計回りで処理します。
北の玉が「青色」なら、反時計回りで処理をします。

 

北の玉が「黄色」なら、「時計回り」処理

 

北の玉が「青色」なら、「反時計回り」処理

 

「4/4」処理

「爆雷生成」の詠唱後に外周に線に結ばれた玉が8個出現するので、頭割(4人)の要領で連続して玉にあたり処理します。ダメージはとても痛いので、バリアなど軽減となるアビリティを事前に施し、迅速魔やインスタントアビを使うなどしてヒーラーは回復をがんばる。

回復が間に合ってない場合、2個目を取ったところで、3個目に行かず回復を待ってから行動する。

上記のマクロには記載していませんが、分かれる組み合わせは、
北東:MT/D1/D3/H1
南西:ST/D2/D4/H2

 

図は例です。他のパターンもあります。

MTチームは、「の順(時計回り)に玉にあたる。
STチームは、「の順(時計回り)に玉にあたる。

コメント