FF14 クラフター必見「主道具リスプレンデントツール」取引場所

ギャザラークラフター

パッチ5.5

超高難易度報酬、主道具「リスプレンデントツール」が実装されました。

製作は大変ですが、見た目が素晴らしい価値のあるクラフター主道具が手に入ります。

パッチ6.0まで、まだまだ製作する時間がありますので、時間の合間、暇なとき、ちょっとやってみようかな? などなどゆっくり少しずつ進め完成を目指してみてはいかがでしょうか。

またイシュガルド復興高難易度コンテンツで遊んでいた方は、ほぼほぼ製作のやり方は同じなのでスムーズに始めることができると思います。

 

主道具「リスプレンデントツール」取引場所

ユールモア(X:11.6,Y:10.9)NPC:リンベス

以下ひとりごと。

 

 

元になる素材交換場所

最寄りの「スクリップ取引窓口」で、交換することができます。

製作したい主道具用の素材(リスプレンデントツールの一次素材:〇〇)を交換する。

「項目」→「クラフタースクリップの取引」→「クラフタースクリップ:黄貨の取引(Lv70~向け・その他)」→「一番下」


「リスプレンデントツールの一次素材:〇〇」は、ひとつにつき、100黄貨必要です(最低で30個必要)。

※マーケット取引可

 

製作の流れ

製作は「一次/二次/三次」に分かれており、順々に製作していきます。

「リスプレンデントツールの一次素材:〇〇」を交換したら、製作手帳の「秘伝書:第8巻」にあるレシピより製作を始めます。

完成した収集価値に応じて得られる素材の個数が交換の際に1-2個に変化します、収集価値が満額であれば2個になるので、できる限り満額を目指す。

一次
収集価値
6300-7499:1個
7500:2個
二次
収集価値
6500-7799:1個
7800:2個
三次
収集価値
7000-8499:1個
8500:2個

 

完成したらNPCに「加工部材」を渡し、素材を受け取り、最終的に「リスプレンデントツールの最終素材:〇〇」になるまで繰り返す(3回)。

「リスプレンデントツールの最終素材:〇〇」は、職に対応した「最終素材」60個が必要。

仮にすべての収集価値が満額であれば、30+30+30=90回のお座りで完成します。

 

部材納品(交換)NPC(一次/二次/三次)

場所:ユールモア(X:11.6,Y:10.9)NPC:リンベス

「項目」→「二次~最終素材の取引」

主道具ステータス性能は、
アイテムレベル500
作業精度+830
加工精度+455
CP+0
確定マテリア穴+3(禁断不可)

 

「リスプレンデントツールの最終素材:〇〇」納品NPC(完成)

場所:ユールモア(X:11.6,Y:10.9)NPC:リンベス

「項目」→「リスプレンデントツールの取引」

 

彫金師「リスプレンデント・ジェムフィーンドマレット」見た目

今回の主道具は背負うタイプなので、腰にあるよりも目立ちます。

そして製作時や抜刀時には、黄金に輝くのでさらに目立ちます!

是非、拡張前に1本完成させてみてはいかがでしょうか?

いや、私の代わりに全部作ってください!





折りたたみ「ひとりごと」

 

最後に製作にあたり

・挑戦する方は、アドリブスキル回しが必要不可欠、臨機応変に対応。

・一次は適当でも何とかなるが、二次/三次はしっかりとスキルを回さないと一次から作り直しになる。

・二次は、「安定」の状態がないため困難ポイント。

・三次は、耐久60になるが必要「作業工数/収集価値」が大幅に上昇する。

・マイスターで少しでも自身のステータスを伸ばす。

・マイスター「設計変更(クラフターの製図用紙)」を使いこなす。例えば、ここぞという場面で「高品質」を引くために回す。

・「経過観察」あとの「設計変更」は、コンボが切れるので注意。

・「経過観察」あとの「最終確認」は、コンボが切れるので注意。

・作業値は特に影響なし。

・加工値とCPは、可能な限りマテリアを装着する。

・食事は適した最高(チリクラブHQ)のものを。

・薬は、「巨匠の水薬(加工)」か「魔匠の水薬(CP)」どちらかを好みに合わせ選択。

・カンパニーに所属しているのであれば、加工アクションを使うのも手です(要FCルール)。

・目安として、1本を製作する時間は7-10時間と思います(1座り5分計算)。

 

開幕のスタートアクションについて

開幕「真価/確信」のどちらでスタートするか、軽く触れて終わりたいと思います。

 

一次の開幕スタート

一次の段階であれば、「確認」→「ヴェネレーション」→「突貫」で一気に作業の値を稼ぐ。

完成直前まで進めるときは「最終確認(ターンは進まない)」を挟む。

100黄貨で何度でも、やり直せるので気は楽。

 

二次/三次の開幕スタート

「二次/三次」の開幕は、真価でも、確信でも、どちらでもよい。

「確信」で「突貫」がすべて失敗に終わった時の「リカバリー」がとても大変。

「真価」であれば、状況を見極めて「安定/高進捗/頑丈」の時に「突貫」で進めた。

完成直前まで進めるときは「最終確認(ターンは進まない)」を挟む。

 

最初は「確信」で進めていましたが、「突貫」運の女神が思うように現れず途中から「確信」を「真価」に切り替えました。

「確信/ヴェネレーション/突貫」が成功するのであれば、作業工数がとても楽になる。

折りたたみここまで

 

終わりに

結局結果、決め手は「運」とにかく「運」

ステータス状態/成功率の引き次第で製作の難易度は著しく変化し、イージーモードになったり、ハードモードにもなる。

おわり。

コメント