FF14 もう無理「吟遊詩人」スキルマクロ化計画

FF14


人それぞれ、得意・不得意はあるものです。DPSジョブの中で最も不得意なのは「吟遊詩人」です。

プロックの管理がとても苦手である故に、プロックを見逃してしまいます。詩人先輩に怒られてしまいますが、見逃すよりマクロ化して簡単ポチポチ作戦。

大まかに「単発マクロ」と「範囲マクロ」の2種類を使用することで、マクロとしては効率よく攻撃することができます。

デメリットは、マクロで勝手に発動してしまう「エンピリアルアロー」のリキャストタイムは15秒です。「猛者の撃」の効果時間は20秒であり、タイミングによっては2回撃ち込むことができません。

最大のデメリットは、先行入力ができません。先行入力ができないということは、GCDの食い込み(ロス)が発生し火力がダウンします。

私みたいに、詩人をメインとして遊んでない方には良いのかもしれません・・・

※「サイドワインダー」と「シャドウバイト」は、継続ダメージが付与されていないと威力が下がるので組み込んでいません

 

単発マクロ

合わせて、4つの「ウェポンスキル」と「アビリティ」を組み込んだマクロです。

/merror off
/micon ヘヴィショット
/ac ストレートショット
/ac ヘヴィショット
/ac エンピリアルアロー
/ac ブラッドレッター

・ヘヴィショット(バーストショット)
・ストレートショット(リフルジェントアロー)
は、置き変わる前の技名でも発動するので問題ありません。

※訂正:10月16日22時12分頃
訂正前「/ac エンピリアルアロー<t>」
訂正後「/ac エンピリアルアロー <t>」

<t>の前に半角スペースがありませんでした。<t>は、有っても無くても発動します。

 

範囲マクロ

IDなど複数の敵が存在するときに重宝する範囲マクロです。

/merror off
/micon クイックノック
/ac レイン・オブ・デス
/ac クイックノック

コメント