FF14 戦闘システム「GCD/WS/魔法/アビリティ」基礎知識

基礎基本・設定

FF14の基本的な「バトルシステム」は、WSとWSの間にアビリティをねじこませ強力なコンボを作り上げ、連続した攻撃が基本となる。

シナジーが合えば「フルアビ(バーストタイム)」で、一気にスキルを撃ち込んだ時の爽快感がすごい。

っと、なれるよう基本的なお話です。

 

基本的なこと

Cast Time(キャストタイム)とは

WS/魔法/アビの詠唱を開始して発動に要する時間。

 

Recast Time(リキャストタイム)とは

WS/魔法/アビを使用してから、再度使用可能になるまでの要する時間。

 

Weapon Skills(ウェポンスキル)とは

攻撃するためのスキルです。

 

Magic(魔法)とは

攻撃するためのスキルです。

 

GCDとは

GCD「グローバルクールダウン(Global Cool Down)」の略

基本的に次の「ウェポンスキル」が使用可能になるまでの要する時間です。

例えば
「ウェポンスキルを使う」 → GCD発生 → 「ウェポンスキル使う」

 

「GCD」とは、WS/魔法の「リキャストタイム」と思えばイイかと思います。

スキルスピード/スペルスピードの値が初期値の場合、2.5秒のGCD(リキャストタイム)が発生します。

 

GCDは2種類のタイプがある

キャストタイムに「Instant」と表示されいてるものと、
キャストタイムに「秒数」が表示されている2タイプが存在する。

 

「GCD(ウェポンスキル/魔法)」と「アビリティ」の見分け方はあるの?

GCD(ウェポンスキル/魔法)

GCDに属すものには「ウェポンスキル/魔法」と表示されています。

 

キャストタイムに「Instant」と表示されるものは

物理職に多く、ボタンを押した瞬間にWS/魔法が発動するもの。

GCDが発生するのでGCD中に何かしらのアビリティなどを入れる際に都合が良い。

 

キャストタイムに「秒数」が表示されているものは

魔法職に多く、ボタンを押した際にWS/魔法の詠唱が始まるもの。

詠唱の開始とともにGCDのカウントも開始されるので、詠唱が完了したときにはGCDのクールタイムも終了しており、次の魔法/WSを使用できる状態。ですがGCDに食い込むので効率良くアビリティなどを差し込むことができない。

DPS職は、GCDが発生する「Instant」スキルを持ち合わせているので、その際にアビリティを差し込むとイイでしょう。

例えば
赤魔であれば、連続魔のあと。
召喚であれば、ペット攻撃あと。

 

アビリティ

アビリティには「アビリティ」と表示されています。

 

アビリティとは

「GCD」とは共有していない、まったくの別物です。
即時発動することができ、固有の「リキャストタイム」をもっています。

どんな感じに使うの?

WS → アビリティ(GCD中) → WS

っというにように、GCD中に「アビリティ」を使用するのが基本で効率的です。アビリディだけではなく、ポーション類・敵攻撃軽減アビなどと組み合わせることもできます。

WS → ポーション/薬(GCD中) → WS

俗にいう、これがスキル回しの基本となるところですね。

 

例えば

火力アップアビ → WS → アビが切れる → 強いWS

よりも

WS → 火力アップアビ → 強いWS → アビ効果切れる

こんな感じでさらに

WS→ 強化薬 → WS → 火力アップアビ → 強いWS → アビ効果切れる

のように、スキル回ししたほうが火力アップに繋がるので、アビリティなどを使う順番とタイミングが重要になります。

PTメンバーが使う「シナジー」に合わせることで、さらに強力なWSを繰り出すことも。

ま、野良では完全にタイミングを合わせることは難しいので、各々で使用する感じになります。完全に合わせるにはディスコなどリアルタイムで連絡を取る手段が必要。

ただ今も昔も変わらないのは、開幕や演出あとのフルアビの習慣は今でも続いている。

 

シナジーとは

PTメンバーに効果のあるスキル。

例えば、
忍者の「だまし討ち」は、「被ダメージ上昇(5%)」を敵に付与させる。
竜騎士の「バトルリタニー」は、周囲のPTメンバーにクリティカル発動率を10%上昇させる。

 

火力を出すには?

GCDを止めてはダメ。

序盤の練習の段階であればギミックを優先し、手が止まりGCDが回っていないこともあります。

少しギミックに慣れてきたら、GCDを止めない、GCDを食い込ませないようにコンボスキルを回せるよう努力しましょう。

 

「食い込ませない」とは

GCDを食い込ませず、常にGCDがグルグル回っている状態が好ましい。

 

GCDが食い込むとは、例えば
WS → GCD中にアビリティを2-3個使う → WS

アビリティを複数使用したことによって、GCDが終わっているにWSを使用できず待ち時間が発生している状態になります(アビリティに関わらず、アクションを使用するとミリ秒の待ち時間が発生します)。

ジョブで異なるが、基本的にWSとWSに挟むアクションは「アビリティやポーション」など1個まで。ただ使えばイイというわけではなく使うタイミングが大きく関わる。

ポーションであればWSを撃った直後で構わない。

 

アビリティを使用するタイミングは「スキルスピード/スペルスピード」の値で変わる。大きく分けGCD中(前半/中半/後半)に分けられる。

例えば
GCDが2.5秒、GCD中、前半にアビリティ(10秒効果)を使用してしまうとアビリティ効果中に間に合わない。

GCDが2.5秒、GCD中、後半にGCDを食い込ませないようアビリティ(10秒効果)を使用するとアビリティ効果中に間に合う。ミリ秒遅らせることによって効果を得られる。

 

最後に

さて、基本となる、お話でしたがジョブ毎で異なるます。

基本はこんな感じ? なんだーっということが伝わっていればいいなぁ・・・。

GCDとは・・・根本的に理解してないのは秘密です。

コメント