FF14 大海嘯2回目のギミック処理・固定PTメモ

極零式レイド

パッチ5.05 エデン零式覚醒編3層「大海嘯2回目」の処理手順

大海嘯2回目は最大の難所です。でも、順番通りにギミックを処理していくだけなので、個々のギミックを把握することで簡単に処理することができます。

固定PTのやり方は「Amaya式」の頭割りを3人で受ける処理法で、そのあとの拡散事故を減らすことができます。4人受けで、あまりにも事故が多いようなら3人受けに変えてもいいかも知れません。

 

デバフが付与されるロール

強圧(全方向ノックバック)
DPS1名にランダムに付与されます。

溺没(頭割り)
DPSとヒーラーの2名に付与されます。

拡散(遠い人へ水ビーム)
DPSとヒーラーの2名に付与されます。

断絶(向いている方向にノックバックさせる)
タンクとDPSの2名に付与されます。

暴風(超範囲AoE)
タンク1名に付与されます。

強風(解除しないと即死)
全員に付与されます。断絶を受けると解除されます。これはギミックの処理上で勝手に解除されるので考える必要はないです。

 

発動順と対処の仕方

強圧 DPS(全方向ノックバック)
前方に移動し、他を後方へノックバックさせる。

溺没 ヒーラー/DPS(左右で頭割り)
頭割り散開位置は、マーカーを基準とし
「左:ヒーラー・強圧DPS」「右:他DPS」
この時、強圧持ちだったDPSは左側の頭割りに参加することを忘れないようする。3人3人の頭割りになるので、ヒーラーは「回復・バイア・軽減」を迅速にする必要があります。

・タンクは水ビームを受ける準備をする
ここのギミック処理が最も事故が多いところです。

本来であれば、上記で4人頭割りをすべきところですが、タンクは頭割りに参加せず、予めタンク2名は前方に移動し拡散を受ける準備をする。

拡散 ヒーラー/DPS(遠い人へ水ビーム)
難しいことはなく、頭割りの時に先頭に立つことを忘れない。

断絶 DPS(向いてる方向へノックバック)
注意することは、向いている方向へノックバックさせるので、断絶DPSは発動時の方向に注意が必要です。

前方へ移動し、南を向き、他者を後方へノックバックさせる。

断絶 タンク(向いてる方向へノックバック)
注意することは、向いている方向へノックバックさせるので、断絶タンクは発動時の方向に注意が必要です。

中央やや後方から、他者を前方へノックバックさせる。その後、急いで前方に移動し、暴風を回避する。

暴風(超範囲AoE)
後方の隅で暴風を発動させる。

 

流れをまとめると

「全方向ノックバック」→「頭割り」→「拡散」→「断絶」→「断絶」→「暴風」

「全方向ノックバックDPS」→「頭割りヒーラーDPS」→「拡散ヒーラーDPS」→「断絶DPS」→「断絶タンク」→「暴風タンク」

 

流れを図にまとめると

「強圧DPS」は前方に移動し他を後方へノックバックさせる。この時「強圧DPS」の向きは関係ないのでボスを攻撃することを忘れないようにする。

 

タンクは予め前方へ、「拡散」は先頭に立つことを忘れない。「頭割り」は3人受けになるのでヒーラーは回復バリア軽減をがんばる。

拡散の発動を確認してから、「断絶DPS」は前方に移動し南を向き、他を後方へノックバックさせる。

他は「断絶タンク」のノックバックで前方へ、発動後「断絶タンク」も前方に移動することを忘れないようにする。暴風発動後「暴風タンク」は、「テンポラリーカレント」の攻撃がくるので前方に急いで移動する。

 

 

マーカー配置

. 1    2
.
.  A   B
.C      D

1:北側、左から5タイル目
2:北側、右から5タイル目
A:ボスサークル前、左から7タイル目
B:ボスサークル前、右から7タイル目
C:西の、南から7タイル目
D:東の、南から7タイル目
※タイルは、小さいタイルを基準

コメント