FF14 ワンタイムパスワードを設定していない人。個人情報を守ろう

基礎基本・設定

たまたまゲーム内で「ワンタイムパスワード」の話題(みんなって?ワンタイムって設定していますか?)がでました。

9人中2人がワンタイムパスを設定していない事実が! 確かにログイン時に、もう一つの「パスワード」を入力をするのはメンドクサイ気もします。でも、アカウントを乗っ取られたらもっとメンドクサクことになります! 強制とは言えないものの、言います。

必ず導入しましょう。

 

ワンタイムパスワードとは

30秒毎に「パスワード」が変わるシステムで、ゲームやモグステーションなど、ログイン時に必要となる第二のパスワードです。

ワンタイムパスを設定することで、大切なアカウントのハッキングを極限に防ぐことができます。オンラインゲームや銀行などでは当たり前のセキュリティーシステムですね。

アカウントを守ることは、フレンドに迷惑をかけたり、FCに加入しているのであれば、金庫のアイテムやギルを取られる心配もなくなります。なにより個人情報の流失を極限に未然に防ぐことができます。

なぜ極限で絶対ではないのか、適当に入力してタマタマ正解だったら通ります。一番恐ろしいのは、ウィルスに感染すれば、何に意味もありません。

それでも防衛手段としては、現代では当たり前のワンタイムです。

ワンタイムパスワードは「セキュリティートークン(キーホルダー)」と「スマホ」の2種類があります。どちらを使用しても問題はありませんが、トークンは1000円前後の費用がかかります。スマホ版は無料アプリで使用できます。

特典もあります。一ヵ所「テレポ」代(ギル)が無料にすることができます。

詳しくは「公式サイト:ワンタイムパスワードとは?

コメント