FF14 パソコン選び

パソコン

パソコンも、多種多彩で迷います。自作ができないのであれば、「FF14推奨パソコン」や「ゲーミングPC」を購入すれば、問題ありません。

ただ、ゲーミングPCでも、本当に? それ? ゲームできるの? っという部類のものを稀に見かけます。そういうものを間違えて購入しないように注意してください。

間違えて購入しないためにも、各パーツの働きと性能をある程度、把握することが大切です。

そして今や、ゲーミングPCのスペックは高性能になりました。ゲーミングPCで、仮にFF14が「カクツク」ようであれば、設定を落とすと、スムーズに動作します。

価格も、安いものから高いものまで、多くあります。自分の予算に見合った「パソコン」を選びをしましょう。

 

昔から言われてること「電源」に、関して

電源は、人間に置き換えると、心臓です。この電源は、長年使用していると、少しずつではありますが、最大出力が減少していきます。

標準で搭載されている電源は必要最低限の最大出力です。価格は高くなりますが、オプションで高品質な電源に変えることで、長期に渡り安定した電気を供給してくれます。

もちろん、標準の電源でも十分事足ります。長く見た場合、SSDの増築やグラフィックボードを交換したとき、出力が足りず起動しなくなることも極稀にあります。

余裕をもって出力することで、電源トラブルが減ります。過度な出力に耐えられず電源が壊れ、他のパーツを巻き込み破損する恐れが回避できるかもしれません。大は小を兼ねるという、素敵な言葉があるくらいですから。

ただ、高級品だからといって、電源は消耗品です。個体差はありますが、おおよそ3年~5年もてば、上出来です。5年以上持つ耐えしのぐ電源もあります。

「オプション」の、電源変更の価格は、高額です。一つの案と思ってください。

 

電源を選ぶ基準

電源は、質でランク分けされています。電源効率がいいものは、それだけ価格が高くなります。詳しくは語りませんが大まかに、6種類あります。

・80PLUS (スタンダード)
・80PLUS BRONZE(ブロンズ)
・80PLUS SILVER(シルバー)
・80PLUS GOLD(ゴールド)
・80PLUS PLATINUM(プラチナ)
・80PLUS TITANIUM(チタン)
下に行けば行くほど、電気変換効率が高くなり、高額になります。

 

どの、電源を選べばいい?

グラフィックボードが1枚であれば、750w(ワット)の「シルバー」以上を選択すると、いいと思います。

仮に、消費電力の多い「グラフィックボード」を2枚挿しの場合は、1000w以上を視野に。

 

各パーツのカスタマイズ。2019年4月版

 

CPU

処理速度に影響します。

インテル i7 8700以上を選択しておけば、間違いない。

最新は i9 9900K

 

メモリ

作業するスペース。

FF14のみであれば、8GBで十分足りる。

他のゲームや放送目的など、裏でいろいろ動かすなら「16GB/32GB」を視野に。

 

グラフィックボード

画面に表示させるための「ボード」です。

高ければ高いほど性能がいい。当たり前ですね。

個人的なオススメは「GTX1660Ti」です。この「グラフィックボード」を搭載していれば、保証はできませんが、たいていの「ゲーム」は動きます。

仮に、FF14のみなら、GTX1050Tiでも十分動きますからね。

紅蓮ベンチおおよそな目安値 Dx11 1920*1080
標準品質 最高品質
GTX1080Ti    20000      18500
GTX1070         19500      15500
GTX1060         19000      11000
GTX1050Ti      13000        7700
※パーツ・環境など異なります。

 

最近では
最近は、GTXではなく、RTXという「グラフィックボード」が、出てきました。このRTXは、「リアルタイムレイトレーシング」の略語です。

RTXは、光の加減がより「リアル」に、美しい描画を表現してくれます。これは、ゲーム側も対応している必要があり、FF14は対応していないので気にすることはありません。

対応しているゲームもありますが、まだまだ少ないのが現状のようです。

個人的に、今のところ不要なので、GTXで「コストパフォーマンス」を重視かな。

新しいものが好きなら! れっつRTX。

 

マザーボード

各パーツの土台となるところ。

選択できないことが多いので、お店任せ。

好みが分かれる部分ですが、私が選択するなら、ASUS愛好家です。最近はMSIも興味があったりなかったり。

 

SSD(速度速い)

データを保存するところ。

ゲームをSSDに、インストールすることで、快適プレイに繋がります。FF14のみなら、256GBで余裕でたります。

他のゲームも楽しみたいのであれば、512GB以上を視野にいれる。またはSSDの増築も視野に入れる。

 

M.2(SSDより超はやい)

データを保存するところ。「マザーボード」に直接接続するタイプです。最近のマザーボードは、ほぼ対応している。対応していないものもあるかもしれないので注意。

 

HDD(速度遅い)

データを保存するところ。

普段使わないファイルなど、バックアップ的な使い方。

 

電源

各パーツに、電気を供給する。

コメント