FF14 漆黒「古跡探索 キタンナ神影洞」攻略アドバイス

インスタンスダンジョン・ノーマル討伐討滅戦


パッチ5.0 メインクエストID

適正レベリングレベル75-76のインスタンスダンジョンです。疑問に思うギミックもあるかと思うので参考に記載しています。

ここのIDの拾える装備の見た目は、個人的に71-79のIDの中でオススメのデザインです。レベリングで何度も通うことになるので、自然と装備が集まるので良いね。

 

1ボス「ロツァトル」

石の拳

ヘイト1位に痛い攻撃

 

投射

ランタゲ範囲攻撃

 

ロツァトルの罵声

北の壁の左右どちらかのランプが光るので、光っていないほうへ移動し片面攻撃を避ける。一定時間後、ランプの光ってる片面に範囲攻撃が発動します

 

赤熱化

ボスの肩の部分が赤くなる

 

ロツァトルの憤怒

「赤熱化」とのセットで、「ロツァトルは力を溜めている」で攻撃面が確定します。肩が「赤熱化」で赤くなっていない方へ移動し180度範囲攻撃を避ける

 

ロツァトルの「憤怒」「罵声」のコンボ

一通り、技のお披露目が終わったらコンボ攻撃をしてきます。

先に「赤熱化」をしてから「ロツァトルの罵声」と連続して使用してきます。ランプが光った片面には行かず、肩だけ注目して安置を判断すれば簡単です。

1.赤熱化(肩が赤くなる)
2.ロツァトルの罵声(ランプが光る)
3.ランプの光っていない片面に移動する準備をする
4.「ロツァトルは力を溜めている」で攻撃の方向が確定
5.ボス向きと肩をよく見て安置に移動する
6.ランプ片面範囲と肩範囲が同時に発動します

 

2ボス「バッツカッチ」

リッパーファング

ヘイト1位へ痛い攻撃

 

サブソニクス

全体連続範囲攻撃 同時に 床範囲攻撃と柱が出現する

 

サウンドウェーブ

柱がある場合は倒れてくる&全体範囲攻撃

柱が倒れる方向は、影を見れば判断できます。偏った柱の配置の場合には、対角に距離をとることで、倒れてきた柱が届かず回避できる

 

3ボス「エロース」

注意点は、「予兆頭割」と「範囲予兆」の2種類のパターン。

 

引き裂き

ヘイト1位へ痛い攻撃

 

ヘヴンスチャージ

線に結ばれ突進される。近すぎるとデバフが付与される、ほどよく距離をとればデバフが付与されない。また、対象は線に結ばれた人だけなので、他と被っても問題はない。

線を延ばす目安は、「やじるし」の線から「やじるし」の無い線になれば「デバフ」が付与されることはなくなります。ヒーラーさんへの負担が増えるので線を延ばし軽減させましょう。

線の「やじるし」がトゲトゲした状態

線の「やじるし」がトゲトゲしてない状態(デバフが付与されない、被ダメージ軽減)

 

グロソラリア

全体範囲攻撃

 

バイパーポイズン

毒沼のAoEが展開される。2回目からは、AoEが展開されるのとランダムに1人が対象となるので、ノックバック時に邪魔にならない場所に捨てる

 

吸引

ボス中心に引き寄せられる。引き寄せ時に沼に入らない位置取りをする

 

ヒーヴィングブレス

「やじるし」の方向にノックバックされるので、毒沼に入らない位置取りをする。この時ノックバック無効「アビリティ」有効

 

ボスが北か南にジャンプした時

「範囲予兆」と「頭割予兆」がランダムで決定される

範囲予兆の場合は
扇範囲攻撃がくるので、ボス正面に立たないようにする。範囲持ち2名は、正面を避け邪魔にならない被らない場所に捨てる

頭割予兆の場合は
外周範囲攻撃がくるので、ボス正面で頭割りをする

フェイスと共に攻略しに行ったので、これではボスから離れすぎています。野良の場合には、ボスを攻撃できる距離で頭割りをする。赤〇あたりが理想です

関連
キタンナ装備見た目

コメント